肥満を防ぐ効果的なダイエットは基礎代謝力アップが最も近道

スポンサーリンク
足の悩み
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

ダイエット(ダイエットと基礎代謝)

肥満を防ぐ効果的にダイエットをするためには、基礎代謝をあげることが必要不可欠と言えるでしょう。

無理な減量によるダイエットではなく、食生活の改善と適度な運動を組み合わせることによって筋肉量を増やすことと、体脂肪を減らすことが重要となります。

 

腹横筋鍛える効果的にダイエットをするためには、「基礎代謝」についての知識を持っておくことが大切です。

 

「基礎代謝が少ない」ということは、即、肥満の原因に結びつくものです。

基礎代謝とは、横に寝て全然体を動かしていない状態でも、さまざまな生命活動のために常に使われているエネルギーのことをいいます。

 

この基礎代謝は個人によって差があり、10代後半位までは年々増え続け、それ以降は低下することになります。

人によって差はありますが、40歳を過ぎると急激に下降することが多く、年とともにダイエットが難しくなる原因のひとつと考えられています。

 

また年齢を重ねるにつれて、多くの人の場合、運動量も筋肉量も減ることになり、体脂肪率がじわじわと上昇しはじめます。

ですから、ダイエットプランを立てる際には、若い頃と同じ方法をとるのではなく、自分の実年齢に見合ったダイエット方法を考えることが大切でしょう。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット(ダイエットと有酸素運動)

体に貯め込まれた脂肪を燃やして引き締まったプロポーションをつくるためには、食生活の改善によるダイエットだけではなく運動が必要となります。

また運動不足の解消はインシュリンの分泌を抑える効果も持っているため、ダイエットにも役立つということができます。

 

ダイエット中に意識して行いたい運動

ダイエット中に意識して行いたい運動としては、筋肉を増やす運動や、脂肪を燃やす有酸素運動などがあります。

いずれの場合も、ダイエット中に行う場合には、体に負担がかかり過ぎないように注意する必要があるでしょう。

 

有酸素運動とは、エアロビクスやジョギング、ウォーキング、長距離の水泳など、体脂肪を燃やすのに最も適していると言われる運動です。

 

脂肪を分解するためには十分な量の酸素が必要ですが、体脂肪が燃焼するのは運動開始後約20分くらいからのことになるため、有酸素運動は、ある程度長い時間続けることが大切となります。

ダイエット中の生活に積極的に取り入れたいのが、この有酸素運動です。

 


運動を終えた後も、体の中ではじわじわと脂肪が燃焼し続けていくことになるため、有酸素運動は朝一番に行うのが効果的といえます。

栄養バランスのとれたダイエット食と有酸素運動を、毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

ダイエットと運動

ダイエットと言えばやはり運動をして痩せるというのが一番効果的な痩せ方ではないでしょうか。ダイエットで運動をすれば確実に痩せると言われていますが、お腹や太ももはなかなか痩せませんね。

 

最近話題になっているのがダイエットの運動方法でマドンナの個人トレーナーが発表したトレーニング方法のDVDです。

トレーシーメソッドというのですが、これがハリウッドでかなり人気を集めているんだそうですよ。

ダイエットの運動と言ってもむやみやたらに運動をしても痩せませんから、ポイントを押さえて運動したいですね。

 

痩せたい部分によってダイエットの運動方法も変えていくのがいいと思います。

たとえば、痩せたいと思っているのが、下腹だったら、腹筋などの運動が効果的だと思いますし、二の腕だったら、ダンベルなどがいいかもしれませんね。
6nbsp;
そしてダイエットで運動をするだけでなく、食事にも気を付けて、カロリーを気をつけながら食べることも大切ですね。

 

ダイエットに取入れる効果的な運動

ダイエットで運動を取り入れる際にはポイントがあります。過激なダイエットをしたからと言って痩せるというわけでもありません。

 

開脚ストレッチ過激なダイエットが絶対に痩せるというわけではなくて、それよりも、ストレッチやウォーキングなどの方が、効果的に痩せられます。

他にも有酸素運動としては、水泳も挙げられます。水泳をしている人は多いと思いますが、水泳がとてもダイエットには効果的です。

泳ぐだけでなく、水中でのウォーキングもダイエットの運動としては最適ですから一度試してみるといいでしょう。

これからダイエットを始めるという人は、毎日の生活の中に手軽に取り入れられるような有酸素運動を選ぶと、苦にならず継続してダイエットの運動が出来ると思います。

通勤に自転車やバスを使っていた人は、歩いて通うだけでも毎日の生活の中にダイエットの運動を取り入れることが出来ますね。

有酸素運動をしてゆっくりと運動することの方が、脂肪を燃焼させる効果があるので、過激な運動を長時間続けるよりも効果的です。

有酸素運動を15分以上続けるだけで、ダイエット効果は大きいのです。

 

スポンサーリンク

ダイエット(ダイエットとカロリー制限)

ダイエットをするためには、自分の体が一日に消費する総カロリーより少ない量を、食事から摂取することが基本です。

食べることによって体内に取り込まれる摂取エネルギーを、生命維持や日常の活動で使われる消費エネルギーより少なくすることが、ダイエットでは大切なのです。

 

摂取エネルギーが消費エネルギーより小さくなれば、当然、痩せていくことになります。

 

ダイエットの効果が実感できる摂取エネルギーと消費エネルギーの差

摂取エネルギーと消費エネルギーの差がどれくらいあれば、ダイエットの効果が実感できるのでしょうか?

 

ダイエットで約230グラムの脂肪を減らすには、消費エネルギーよりも200キロカロリー少ない食事を、10日間継続する必要があります。

消費エネルギーより400キロカロリー少なくした場合には、計算上は約5日から7日で、およそ230グラムの減量ができます。

 

女性のダイエットに理想的な1日の総摂取カロリー

成人女性のダイエットでは、1日の総摂取カロリーをおよそ1200キロカロリーから1500キロカロリーくらいにするのが一般的でしょう。

 

それ以下の摂取カロリーでは、必要とされるたんぱく質や鉄分、カルシウムなどの必須栄養素が不足してしまう恐れがあります。

効果を急いで無理をするのではなく、ある程度長い時間をかけて少しずつ体重を落としていくのが理想的なダイエットなのです。

 

スポンサーリンク

効果的にダイエット まとめ

  • 無理な減量によるダイエットではなく、食生活の改善と適度な運動を組み合わせる。
  • ダイエットに効果的な運動は15分以上の有酸素運動、ストレッチやウォーキングなど。
  • 自分に適した1日の総摂取カロリーを知り、バランスの良い食事を心がける。

 

コメント